★新店プロデュースブログ

どら焼きと塩らーめんの店 行列でオープン!

行列のできるワケあり!「どやらき&らーめん」という異色の組合せがウケるワケ・・・

4月末にオープンした「鎌倉麺房」は「どらやき&らーめん」という異色の組み合わせのコンセプトでプロデュースしました。

一見奇妙な組み合わせに見えますが実はコレ、昔から和風らーめん&和甘味というカテゴリは存在しました。

ターゲットは主婦、OLなどの中高年女性です。(もちろん女子高校生などもちょくちょく使っていました)

顧客価値(お客様がお金を支払う理由)は何だと思いますか?

それは「二度美味しい」ということです。ラーメンを食べたあとで和スイーツとドリンクでもう一つ満足。

これが大きな価値です、よく「女性にはアフタードリンクが良い」と言われてきたワケはここにあります。

要するに「ゆっくりと時間を使う」ことが価値なのです。まさに「タイムイズマネー」です。(経営者にとっては「早い」がマネーですがお客様からすれば「ゆっくり」がマネーなのです)

この店の主力商品は米粉を使ったどら焼きとらーめんにおいては青のりをふんだんに入れた「磯塩のりらーめん」です。売上の30%以上を占める各種セットも大変よく出ています。

「女性が欲する価値」の解明ができたから思い切って「どら焼き」を表看板にして成功した事例です。

単品の磯のり塩ラーメンも美味しいです。
青のりが醸し出す潮の香りがプ?んと香ります。

何とこの店のメイン商品は「どら焼きとらーめん」。以外な組み合わせに「気持ち悪ぅー」と思うかもしれませんが、とにかく良く売れてます。

鎌倉麺房店内店内はシックで落ち着いた雰囲気、「鎌倉」をテーマにしただけあって女性好みのする店、内装にしました。

他にもらーめんとあんみつのセットなんかもあって、これでもか!という感じで以外な組み合わせがあります。
でも驚くなかれ、これが一番よく出るセット「らーめん あんみつセット」です

「どら焼きとらーめん」の相性、本当に良いのか、一度は試してみるべし。
テイクアウトのどら焼きもよく売れて、やっぱり”不況にはどら焼きが売れる”は本当だったを実感してほしい

店の前には「ちゃんと作った」イスを用意して「ここに座ってメニューを見てください」というメッセージを発信させています。これがお客様にくつろぎ感を与えています。心理的要素がたくさんちりばめてあるファサードです。

「のぼり」には「お祭り効果」と言って人を引き寄せる効果があります。

オープン時にお席が空いているからと言って一度に入れてしまうのはシロウト!
一組づつ、ホールが手がすくまで待っていていただくのもお客さまに不安を与えないサービスの基本!

単品での出数が多いのは「味玉らーめん(しょうゆ)」です。
ここのしょうゆラーメンはあっさり系でなかなか美味しく出来たと自画自賛です。

「和栗」を使った栗どらは生どらの次に売れる商品、皮つきなので少し苦いけど、これが大人の味。

ページTOPへ