★松本和彦日々の気づき

久しぶりの尾道

故郷の尾道です、ここで育ちました 。

尾道にはまだ父が経営する司法書士事務所があります。(ちなみに父は80歳現役バリバリの法律家です)

実家は尾道の前の島、まんま「向島」です。

しまなみ海道の尾道側の入口で、昔は造船やみかんで栄えた島です。

この島から出ているフェリーから見る尾道は絶景で、この見方あまり知られていないのだけどほんと風情があっていいですよ、いつ帰っても「ここはいいなぁ」と感じます。

このフェリー、時々着岸を間違えてとなりの漁船に突っ込んだり、海の上で突然動かなくなって漂流したり、前にある鉄板の上に乗っていたらいきなり崩れてみな海に落ちたりと、ここに暮らすものなら一度や二度は体験する「プチタイタニック」が楽しみ?なフェリーです。

 ここ尾道はホントに「ここで育ってよかったな」と思う自慢の町です、今度はこの町をもっともっと楽しい町にするのが目標です。

この小さなかわいいフェリーで尾道にわたります、一回100円です
尾道水道から見る尾道がいい
赤い屋根の尾道駅は100年以上も前からの古?いデザインだそうです
やっぱ〆は尾道ラーメン、美味しさの当たり外れが大きいのが難点、ここのは・・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://1menu.sakura.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/59

ページTOPへ