★食べ歩きブログ

江南を思い出す韓豚屋(ハンテジ屋)

まるで韓国の江南(カンナム)地区の居酒屋にいるようなお店。かなり美味しいですよ!

神田駅の周りである店を探していた時、目に入った店。

「これは絶対イケる」という直感がしました。

「韓豚屋」カンテジヤと読みます、韓国では豚肉のことを「テジコギ」と言います(ちなみに鶏はタッコギ)。店のファサードは何の変哲もない韓国料理屋だけど、まさに「韓国」を感じました。

で、入ってみて内装からますます期待が高まります。メニューを見て美味しいだろうと推測、店員の元気をみて「これは絶対イケる」と確信。

案の定愛想の良いあんちゃんが出てきてくれていろいろと説明してくれる。(この愛想は韓国ではほとんどないのですが)

メニューには私の食べたい料理ばかりあって迷いながらもいくつかの料理を注文しました。

やっぱりこれが美味しい!

本場韓国よりも美味しいかも知れないと思うほど美味しいです。

プロデューサーは韓国人らしいがかなりのやり手と見た。

とくにおもしろかったのは石鍋を凍らせて作った石鍋アイス。

ストーンアイスばりにお姉さんがカチカチ言わせて鍋の中でアイスをかき混ぜてくれます、(がストーンアイスのようにだんだん固まっていくのではなく、だんだん溶けて行って「もういいのに」と言いたくなる「スリル」付きでしたが(笑))

とにかく「また行きたい」と思わせてくれる満点の☆☆☆☆☆でした。(偉そうですが今後食べ歩きには☆を使わせていただきます、今のところ最高が5つ星に考えています)

店内は若者が集まる繁華街、韓国の江南(カンナム)そのもの。

豚はちょっと斜めに置いた鉄板で焼く。

豚三枚肉、野菜(芋)、キムチの順に下方において、豚の脂がキムチに滲みるようにする。

仕上げは「キムチポックンパ」と呼ばれるキムチチャーハンを作ってくれる。これが美味しい!(女性だとハート型にしてくれるらしいが?)

チーズトッポギ。韓国の棒状のモチをコチュジャンとで炒めてチーズをかけてある

ケランチム。韓国風茶碗蒸し、蒸すのではなく直火でふたをして焼いている。フワフワして美味しい!

これが石鍋アイス、石はキンキンに凍らせてある。フルーツと一緒に混ぜる混ぜる。「もういいのに」といいたくなるほど、アイスが溶けるくらいかき混ぜてくれるのは韓国では「混ぜれば混ぜるほど美味しくなる」という言い伝えがあるがそのせいかも?

チーズチヂミ。四角い形もなかなか良いです。真ん中もチーズですが中にもとろけるチーズが入っています。

焼きモチ、黒蜜ときなこを付けて食べるのですがなんだったけ?名前は忘れましたが韓国屋台の代表的おかしです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://1menu.sakura.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/22

ページTOPへ