飲食店成功における接客の重要性

飲食店成功における接客の重要性

飲食店へ足を運んだ際、料理の味が美味しければ、また来店したいと思う方がほとんどだと思います。しかし、働いているスタッフの接客が悪ければどうでしょうか。いくら料理が美味しいからといっても、また来店したいと感じる方は少ないです。

 

 

お客様がお金を払っているからには、美味しい料理と喜ばれる接客を提供する必要があります。お客様に心地良い空間を提供できるように、接客の重要性について考えてみましょう。

 

【飲食業における基本理念】

「Q・S・C・A」は、多くの飲食業で浸透されており、お客様の目線に立って考えた基本理念になります。この4つの指針に基づくことが、飲食店成功への鍵を握っているともいわれています。

・Quality(クオリティ)→質の高い料理を提供すること

・Service(サービス)→お客様の目線を考えた接客

・Cleanliness(クリンリネス)→きれいで清潔な店内

・Atmosphere(アトモスフィア)→快適で居心地の良い空間

 

【接客の重要性】

飲食店を繁盛させるために、店内のインテリアや外装にこだわり、質の高い料理を提供しているお店は数多く存在します。確かに、そのようなお店は魅力的ですし、集客アップを図るためには欠かせません。

しかし、お店作りや料理に関して明確なコンセプトを持っていたとしても、接客に力を入れていなければ意味がありません。接客サービスの形態には、大きく2つに分けることができます。まず、1つめがマニュアルサービスです。これは、接客の基本用語や動作、お辞儀の仕方、お皿の持ち方など、決められたことをお客様に提供するサービスのことをいいます。主に、入社したての新人スタッフや人材育成を行なう時に利用します。

その一方、マニュアルサービスの反意語として、パーソナルサービスというものがあります。これは、決められたマニュアルを提供するのでなく、ひとりひとりのお客様に対して接していくサービスです。これまで養った知識や経験をもとに、それぞれのお客様に喜んで貰えるようなサービスを提供するため、リピーターになるお客様が増えます。接客初心者の方にとっては、難しいかもしれませんが、ひとりひとりのお客様が満足できるサービスを提供することが、今後大きな課題ともいえるでしょう。

当社では、飲食店開業に向けてのサポートを行っています。開業計画書や収支計画書がどんなものなのか知りたい方は、無料レポートをダウンロードすることができますので、ぜひご参考になってください。その他、集客方法に役立つマーケティングなどの情報もご提供していますので、これから飲食店を開業する皆様のお役に立てることだと思います。

 

ページTOPへ