PDCAサイクルの必要性

PDCAサイクルの必要性

仕事に取り組む際、目的を把握することは、どのビジネスにおいても重要です。時代が変化していく一方、仕事の流れはどんどん多様化しており、柔軟に対応して結果を出すことが求められています。

「PDCAサイクル」という言葉をご存じでしょうか。仕事の業務を効率良くするために大切な一連の流れのことをいいます。飲食店を経営するにあたり、「PDCAサイクル」はとても重要になります。

 

【PDCAサイクルの意味】

PDCAサイクルとは、4つのステップから成り立っています。この過程を繰り返すことで、より効率良く業務に励むことができます。

・PLAN(計画)→まず、どのようなお店にしたいのか目標を設定し、達成するための方法を考えます。

・DO(実行)→計画に沿って、実際に行動に移します。

・CHECK(評価)→実行した結果に基づき、当初の目標や計画と比較して、問題点などを分析します。

・ACT(改善)→分析結果を見て、今後の改善計画や実施体制の見直しを行います。

 

【PDCAサイクルを効率良くまわすための方法】

PDCAサイクルは4つの過程が終われば、また初めのPLAN(計画)から繰り返し行いますが、中にはPLAN(計画)→DO(実行)だけを繰り返し行っている会社もあります。それでは、いくら計画して実行に移しても、改善するための対策を考えていないため、結果に残すことができません。

また、それぞれの項目をよりレベルアップさせて進まなければ、同じことを繰り返すだけになってしまいますので、成長の見通しが尽きません。たとえ、改善することができなかったとしても、次はさらに活かせるように工夫することを心がけましょう。PDCAサイクルは、働くスタッフがひとりひとり意識を持つことで効率良くまわすことができます。会社の業績やお客様の満足度を高めるためにも上手く活用していきましょう。

当社では、飲食店やレストラン経営者の皆様に向けて、マーケティングコンサルタントを行っています。経営する際に必要なノウハウをご紹介していますので、これから開業する方や売上に伸び悩んでいる経営者の皆様におすすめです。ご不明な点や費用に関しましては、お気軽にお問い合わせください。

 

ページTOPへ