料理を美味しく見せる撮影テクニック

料理を美味しく見せる撮影テクニック

飲食店経営者の皆さんは、集客効果を高めるために様々な工夫を行っていると思います。特に、お客様の心を掴むためには、お店の料理をアピールすることが大切です。

ホームページやメニューなど、料理の写真を載せているお店は多いですが、撮影方法によって料理の見え方は違ってきます。では、料理をより美味しく見せるためには、どのように撮影すると良いのでしょうか。

 

【撮影する前に】

写真を撮る前に、料理を盛りつける食器や小物にこだわるようにしましょう。色味が薄い料理であれば色の濃い食器を選び、その一方で色味の濃い料理は白の食器に盛りつけることで、より料理が引き立ちますので印象に残りやすいです。また、テーブルに料理を置くだけでは、なんだか物足りなく感じることもあります。このような場合には、ランチョンマットを使用する、お箸やフォーク、スプーンなどのカトラリー類も一緒に添えておくことで、よりこだわった写真に仕上がります。

 

【写真の撮り方】

お店の料理を紹介するためには、ただ写真を撮れば良いというものではありません。料理をより美味しそうに見せる撮り方をマスターする必要があります。 まず、多くの方がやってしまいがちな撮影方法として、全体的に料理が見えるように撮影してしまいます。この撮り方だと料理から離れすぎてしまい、お皿が引き立ち、料理を美味しく見せることはできません。

料理の質感を伝えるためには、適度に料理の近くまで寄って撮影しましょう。そうすることで、料理のツヤ感を再現できますので、見ているお客様の食べたいという欲求が高まり、このお店に行きたいという気持ちになります。

 

【撮影する角度】

料理を撮影する際、写真を撮る角度は重要です。お客様がテーブルの上から料理を見る時、斜め上から見るのが一般的ですが、それより近い距離で撮るとインパクトのある写真に仕上がります。撮影する角度としては、料理に対して斜め45度~60度のアングルで撮ることをおすすめします。

当社は、フードコンサルタントとして、飲食店を経営するために大切なマーケティング方法をご紹介しています。その他にも、集客効果を高めるためのセミナーやホームページの作成の仕方、売上向上を図るための対策方法など、多くの役立つ情報をご提供しています。 詳しいサービス内容や費用、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

 

ページTOPへ