失敗する飲食店の特徴

失敗する飲食店の特徴

開業計画書とは、開業する事業の計画をまとめたものです。
開業するには大きな費用がかかり、銀行などの金融機関で借入を行う方がほとんどです。
金融機関の融資を受ける為には、きちんと返済ができるということを証明する必要があります。審査には開業計画書の提出が必要になります。

業種や開業の目的、事業の経験、取り扱うサービス内容、開業後の見通しも考える必要があります。
今ではインターネットに書き方も掲載されているため、自分で開業計画書を作成する事ができます。
しかし考えの甘い計画書は失敗する可能性が非常に高いです。

失敗する可能性の高い飲食店には、このような特徴があります。
ご自分の考えている飲食店が当てはまらないかチェックしましょう。

 

大きな店舗を使う

大きな店で開業を始めることで、一気に集客をしようと考える方がいます。
しかし、大きな店舗は借りる場合でも、購入する場合でも大きな費用がかかります。
大きな店内を回すためには、その分ホールの人数も増やさなければなりません。
人件費もかかりますし、店内の回転数が下がれば赤字になってしまう可能性も高くなってしまいます。
まずは小さな店舗でスタートすると、リスクも少なくスタートする事ができます。

 

メニューの価格を安く設定する

価格競争が厳しい場所では、集客のために価格を低くして料理を提供することがあります。
確かに安い価格に惹かれて来店するお客さんはいらっしゃるでしょうが、それで店舗の利益は出るでしょうか。
格安販売店の多くが全国チェーン店です。大型の生産工場で一気に調理するため低価格が実現できています。

個人経営の店が大型店舗と同じ価格にしようという考えは危険です。
立地とターゲットを考えた上で、お客さんが満足する料理を提供する事が大切です。
きちんと利益を考えなければ、お店も長続きしません。


ご自分の事業計画は、このような点が組み込まれていないでしょうか。
自分で計画書の作成ができないのであれば、コンサルタントに相談しましょう。

当社では、開業計画書のお手伝いやマーケティング、集客方法のアドバイス、レシピの提案など、飲食店開業のサポートを行っています。
無料レポートも掲載していますので、ぜひご活用下さい。

 

ページTOPへ